良い買取業者の選び方

20150807071303昨今のリサイクルブームが背景にあるのか、着古した着物の買取をする業者がここ数年でグンと増えてきました。

今はネット社会ですからインターネットにつながった端末さえあれば着物の買取業者は数多く探せますが中には悪質な業者もいますから注意が必要です。
利用する側の者として気をつけるべきなのは、本当は営業実態がなくて、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった違法行為を行っている業者もない理由ではありません。子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。始めはレンタルを考えていましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。

晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。保管も手がかかるのはよくわかっています。
でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしても着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

この先、七五三で着れば良しとして新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。
着物の買取を思い立って、それならと査定額は何で決まるのかポイントを探ってみました。そもそも高級な品であることは欠かせない要素ですが加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のときにはシビアに見られるようです。

ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても査定で傷を発見されるとそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。着物の保管や手入れは、実に面倒なので着る機会がなくなってしまったら一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方がおうちが片付き、お財布にもや指しいのではないかと思います。買取業者も新旧、全国各地に数多くありますので決めるのに迷うときはインターネットの検索を工夫してランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。
着物の状態は当然評価されますし、高級品でも作成者を見られることはありますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。査定に出す着物は漏れなく全部状態が良いか、素材は何かが査定されます。

誰しも高額で買い取ってもらいたいものです。
しかし、誰の作品かという部分で査定額には大きな開きがあります。

査定結果を想定内にとどめるには日頃からの準備が必要です。黄ばみや虫食いなどは事前に注意してどの程度の値がつくかを予想しておきましょう。

続きを読む

成人式の思い出、私の着物は・・・

20150722200922 毎年成人式には、振り袖姿の青年がTVに映り、視聴者の目を楽しませてくれます。昔の話になりますが、私の成人式の時にも、沢山の同級生達が着物姿で参列しました。
 
 その時、私が着た着物は20万円位の品で、母が購入してくれました。桃色地に、可愛い色とりどりの花が裾や袖下に散りばめられていました。その着物自体とても気に入っていたのですが、実は私が着ていたのは訪問着。周りの人は全員振り袖で、私だけ袖の短い着物でした。

訪問着は一生物として選んだようでしたが、振り袖姿は人生に一回きり。今振り返ると、レンタルして振り袖を着れば良かったと思っています。

着物買取査定のポイント(kimono-kaitori-satei.com
着物の買取業者や買取査定のポイントなど、参考になる情報がいろいろ書かれてました。着物の処分などを検討している方は是非どうぞ。

続きを読む

母と娘で同じ着物

初めて着物を着たのは七五三で七歳の時でした。祖父母がお祝いに買ってくれたものだそうです。30年以上も前のことですが、憧れの着物が着れて髪の毛も素敵に結ってもらって嬉しかったことは今も覚えています。

月日は流れ私には娘が二人できました。娘たちの七五三に私の着物を着せました。オレンジ色の華やかな柄が娘たちにも似合っていました。バッグやはこせこなどの小物も残っていました。母娘で同じ着物が着れるなんてとても幸せなことだと思いました。

部屋には今、私と娘とで同じ着物を着ている写真が飾ってあります。

続きを読む

花魁かっ!

成人式、私の中学はとても荒れていて、その生徒が一堂に集まりました。もう流石に落ち着いているだろうと思ったら、花魁かと思うような髪型の子もいれば、着物にキツネの顔がリアルに残ったファーを巻いていたりと、変わってないなぁというありさまでした・・・^^;

でも、着物を着ると女の子は変わりますね。何年も会っていないということもありますが、髪型やメイクで変わっているので誰が誰やらわかりません。華やかで元気な成人式でした。

20150707205040

続きを読む

ハラハラ着付け

日本人が着物を着るとそれを見る外国人の皆さんが本当によろこんでくださいますね。先日海外の友人を訪れる際着物を持参しました。パーティーのためさっそく着付けを始めたところ、襟芯と帯板が無いんです。

日本に忘れてきてしまったのです。ああ、襟芯のない襦袢にお着物を着たところでサマにならない!とがっかりしましたが、せっかく持ってきたので考えました。現地で調達できたプラスチック製のテーブルシート(ランチョンマットの様な敷物)、このしなり加減と薄さなら襦袢にも入ると思いハサミで切ってみたらバッチリでした。

ちなみに帯板の代わりはダンボール紙で代用。それらしくなり、無事に着付けができました。道具がすべて揃わなくてもなんとかなるものですね。

続きを読む

着物は現代には実用的ではないけど

日本文化の一つとして和服と言うものが有ります。
とても女性が切るとしとやかな仕草に自然となってしまいますから、男性にとっては非常に魅力的なものだと思います。一方男性の和服姿も女性にとっては凛々しく移りコレもまた異性をひきつけるものです。

しかし実際の生活の場面で和服を着ていらっしゃる方は、日本の伝統文化に関したお仕事をしている方などに限られているようです。
お隣の奥様は着付けの先生をしておられますが、出張レッスンの時にはお洋服で出かけられます。と言うことが現代の日本の生活では普段着は洋服になってしまい、着付け教室の先生ですら、お教室でしか着物を召されないということなんです。

折角の素敵な和服を何枚も持ちながら普段着としては着る事がないのです。
まるで贅沢品となってしまった和服、、の感がします。

続きを読む

着物買取の査定の方法

着なくなった着物がタンスの中に眠っていてどう処分したらよいか分からないという人も多いと思います。ご遺族の遺品だったり大事にしていた着物なら尚更、捨てるのに抵抗がありますよね。だからといってこのままタンスにしまっていても、場所をとってしまうし傷んでいくだけですから、着物の処分に困るという人は意外と多いんです。

そんな時におすすめなのが着物の買取です。場所をとってしまう着物を処分するだけでだいぶ部屋が広く感じられるはずです。着物の買取はネットから簡単に申し込めるのが良いところです。忙しくて時間がない人でも24時間いつでも利用できます。

着物の買取をしてみたいけど、古いし痛んでるし買取してもらえるかなと不安な人もいると思いますが、古い着物というのは価値も高く傷が付いたり、シミがあったりしても意外と高く売れることもあります。

着物買取の査定の方法は写真に撮ってメールで送るという方法もありますが、出張買取してくれるところもあります。また、査定はほとんどのところが無料で行ってくれるのでまんがいち売れなかったり、やっぱり売りたくないと思っても損することがないのが良いですね。
不要な着物をただタンスの奥にしまっているのではなく、買取をしてもらってそのお金を自分の趣味に使うというのもひとつの方法かもしれませんね。

続きを読む

釣りバカ日誌でハマちゃんを演じる濱田岳

10月からスタートする「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助」で、濱田岳がハマちゃんを演じます。このニュースを最初に見た時に、「あ~合っているかも」と思いました。

確かに名優西田敏行が演じていて役なので賛否両論あるとは思いますが、今ドラマ化するなら若手俳優の中では濱田岳しかいないんだろうなという印象です。でも、本人にとっては大きなプレッシャーなようで、撮影初日は緊張で手が震えたそうです。

私もそうですが、視聴者は西田敏行と比べてしまうので、どうやって演じたら良いのか不安でいっぱいな気持ちもわかります。ただ、今回のドラマではスーさん役を西田敏行が演じるので、現場で濱田岳の事を盛り上げてくれるはずなので思い切って新しいハマちゃん像を作り上げて言ってくれる事を期待したいです。

そして、濱田岳の父親は漁師をやっていた時期があり、子供の頃は海釣りにも連れて行ってもらっていたので漁船での撮影も楽しみなようです。もしも新メンバーで上手くいけば映画のようにシリーズ化出来るかもと語っているので、濱田岳がどのように新しいハマちゃんを演じるのか楽しみに待ちたいです。

続きを読む

喪服は例外的?

着物の中には喪服もあります。和服の買取をして貰おうと言うときに、喪服は例外的に考えたほうがいいでしょう。
通常、買取店では喪服というのは扱っていないところが多いからなのです。

中古の着物を扱っている店舗では、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それを理解した上で、買取を希望するなら、限られた一部の会社ですが、喪服を買う業者さんもない所以ではないので、沿うした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

最近多い和服の買取で、いくつかの苦情が増えてきているので、利用するときには留意しておいてちょーだい。立とえば、着物の買取が前提の訪問見積りを依頼したら、いきなり連絡もなく来て、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあって、たしか新聞にも載りました。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。きちんとした古物取扱商の場合は、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。
始めてのコドモが生まれ、お宮参りに着物を新調しました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので美しさを保つために、時節ごとの手入れは欠かせませんよね。桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、どこに置くのかという問題があります。

この先、七五三で着れば良しとしてその後、着物の買い取りに出沿うとひそかに考えています。
もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこかそこから調べるのかと思って、ずるずると先延ばしにしていました。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店もすさまじくあると聞いています。ネットなどで口コミや評価を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをじっくり探していきます。長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物の管理に悩んでいませんか。着物を着る機会が多い方は沿うはいないもので、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。
振袖は特に、袖の長さの分だけ他の着物より格段に手がかかります。振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取って貰うことを検討してもいいでしょう。いわゆる高級品であって、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。

続きを読む

高額な和服はどうするか

高額な和服。

業者に引き取ってもらう際は、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。よくトラブルで耳にするのは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。
まず業者のクチコミ情報などを集め、ここはと思うところに依頼しましょう。それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、良いかもしれません。発送伝票も大切に保存しておいて頂戴。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても自分が持っている着物が、幾らで売れるのかわからなくて不安。

とってもそういう方がいるようです。
着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので素人が買取価格を予想するのは無理です。
ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値で売れる可能性があるでしょう。

現代の作家の作品や、最近織られたブランド品はかつての品より裄丈にゆとりがあるため仕入れておけばすぐに売れるからです。着物の価値を評価してもらうためにぜひともに見せてほしいのが証紙です。証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地基準を満たした製品であると明りょうに示している登録商標のことなのです。証紙は捨てられたりありかがわからないという方もいるそうですがないと自分が損をすると思いますので捨てていなければ、ぜひ探して頂戴。

着物のブランドはたくさんありますが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは有名な産地で生産された品です。代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高値がつく可能性は高いでしょう。
着物の状態が査定額を左右することは持ちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどこの業者の買い取りでももとめられます。

大切にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。

一般的には喪服の買取はそう広くおこなわれていません。

それもそのはず。
中古の和服市場では、喪服の流通は僅少だからです。それを理解した上で、買取を願望するなら、限られた一部の会社ですが、喪服を買う業者さんもないわけではないので、そちらを当たってみるのも手でしょう。

続きを読む

訪問着の買取

自分でも忘れているくらい、着物はまあまあ持っているもので買い取って貰えるなら、捨てるよりいいかなと思う方も案外身近にいるものです。
着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと疑問に感じる方が多いでしょうが一番高値で売れやすいのは訪問着です。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

訪問着を買い取って貰おうかとお考えの方、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。成人式に着た振袖は、あなたがたそれにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、売るなんて考えられないといった人もどこにでもいますが、着る時期を過ぎてしまったら、手放してお金に換えることにすればこれからの自分のためかも知れません。

状態が良く、ものも良ければ査定結果も期待通りになるでしょう。今の自分に、役たつものを買えるでしょう。

一般的に、着物を買取してもらう機会って殆どないですね。

万一売却を検討しているのであれば、高額売却をするために和装服の買取屋さんの評判を確認することくらいはしておくべきでしょう。
例として、送料無料とか、手数料無料など利用しやすい和服買取の専門業者を見つけ出し、いろいろな業者に査定を願いし、くらべるのです。

仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、損することなく良い売却結果につながると思います。

いろいろあって、売ることになった着物を一円でも高く買い取って貰いたいなら何軒かの業者を回り、査定価格をメモして買取価格の比較をおこないましょう。

査定後のキャンセルができる業者を探さなければなりません。

査定額の比較を終えて、高いだけでなく信頼できる業者に話を持って行くために査定時に言われたいろんな条件もそれも比較検討の材料にして、決めるといいでしょう。形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。

確定申告(所得税の確定申告期間は、毎年2月16日から3月15日とされています)は必要なのか、気になるところです。基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないでしょうが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもある為ケースによって違うと考えましょう。
不安を解消してすっきりしたいなら、きちんと申告して、払うべきものを払うために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

続きを読む

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもら

買取業者をうまく使うともう着なくなった着物を買い取ってもらい、思いの外いい値段で売れるかもしれません。

あと税金も注意が必要です。
普通、着物は生活必需品とみなされ、有償で譲渡しても課税されませんが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるので簡単に割り切れない問題です。金額が多く気になる場合、後から申告漏れで追及されるのはどんな人でも嫌なので、どこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。もし傷めば着物はナカナカ修復は無理とも言われます。

そうならないために日常生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)において、お手入れしなけらばならないのです。タンスの中でかさばる着物を買取をしてもらおうと思っても、着物や帯の点数が多かったり、おみせが近所になかったりすると、持っていくのに運ぶ時間もかかるでしょう。困ったときは、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

電話すれば業者が自宅に来てくれます。

ただし、それなりの量に満たなければ宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、事前に電話で相談して下さい。

着物の買取に取りかかる前に査定で高く評価される点をポイントを探ってみました。
素材や色柄、仕立てが上等であることが必須条件でしょうが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も査定のときにはシビアに見られるようです。

素材も色柄も、仕立ても良い品だとしてもプロが傷を見つけてしまうと査定額は大幅に下がるようです。

着物買取の前には必ず査定がありますが、おみせに持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは少しでもお得なのはどちらか考えると、おみせに行けるなら、ぜひ持って行って下さい。もし納得いく査定額でなかったとき、保留にして他のおみせに行くこともできるからです。おみせまでの足がない、量が多いなどで持ち込みできないなら出張査定の料金がかからず査定後の買取中止も無料でできると明文化している業者に依頼して下さい。

続きを読む

芥川賞受賞への皮肉でキャスターとしての資質に疑問

今世間を賑わせているお笑い芸人「又吉直樹」の芥川賞受賞について、賛否両論があるのは当然である。
どんな作品でも、万人が支持するものなどありえないからだ。
今回物議になっている古館伊知郎が、反対の意見を持っていたとしても、それ自体が悪いことではない。
しかし問題なのは、又吉氏が賞を受賞したことへの批判であり、実際に作品を読んだ意見であるとは思えないからだ。
余談であるが、以前同じくお笑いのナインティナインの岡村が、古館伊知郎に挨拶しても返事すらしてもらえなかった…という話を思い出した。
これも憶測であるが、古館氏が何か芸人さんへの偏見でもお持ちなのではないかと勘繰ってしまう。
個人として否定的な意見を持つのは構わないが、多くの人に情報を伝える立場の人間としては、人間的な拙さを感じずにはいられない。
又吉氏はもちろん、芥川賞サイドや選考委員の作家に対して、またはご自分の概念にそぐわない方に対しての、見下した感が否めない。
ニュースキャスターならば、自身の持つ影響力の大きさを自覚し、言葉を選ぶべきではないだろうか。

続きを読む